自分が糖尿病かどうか、どうすればわかるのですか?

“血糖値は血漿”/

自分が糖尿病かどうか、どうすればわかるのですか?

患者はしばしば尋ねる: "私はテスト空腹時を取ることによって私の血糖をテストするために私の糖尿病併發症家の血糖測定器を使用することは 7mmol/L および食後の 12mmol/L は、これ私達自身が糖尿病を持っていないですか?" 。

血糖値の静脈内投与は、以下のような診断に用いられます。

糖尿病の診断では、静脈から採血して血糖値を測定しますが、その血糖値は血漿(全血を遠心分離して赤血球などの形成成分を除去した後に残るものを意味します)でなければならず、グルコメーターで測定する血糖値は末梢毛細血管の血糖値で、通常低くなる静脈血糖値とは乖離しているので、グルコメーターによる結果で診断すると血糖値が少し高いだけで初期の糖尿病を見落とすことが多くなるのです 患者さん

このため、家庭で血糖測定器で測定した血糖値は、糖尿病の診断基準として使用できず、病院で餐後血糖指數点滴で測定する必要があります。

糖尿病の診断基準「ツートラック」。

血糖値」と「グリコシル化ヘモグロビン」という2つの指標は、糖尿病の診断基準として、国内外を問わず共に発展してきました。

診断基準としての血糖値

糖尿病の症状である「飲む、食べる、排尿する、痩せる」があり、空腹時血糖値が7.0mmol/L以上、または経口 三高飲食 ブドウ糖負荷試験(OGTT)2時間後の血糖値が11.1mmoI/L以上であれば、糖尿病と診断される。

また、「3回以上または以下」という糖尿病の症状がない場合は、別の日に血糖値の再検査を行い、両方の結果が上記の基準を満たしていれば、糖尿病と診断されることになります。

米国糖尿病学会(ADA)は2010年に、中国医学会糖尿病部会(CDS)は2020年に、それぞれグリコシル化ヘモグロビン(HbA1c)6.5%以上を糖尿病の診断基準として正式に承認しています。

しかし、HbA1cの値は、その間に伝導赤血球の寿命に大きく影響する要因がある場合には不正確であり、そのような展開では、HbA1cを糖尿病の診断の技術的基準として採用することは不適切である。

上記の基準からすると、糖尿病の診断は簡単に思えるかもしれません。しかし、実際には、医師が糖尿病を診断するためには、次のような要素を考慮する必要があります。

OgTT 糖尿病の診断にあたっては、ストレス因子を除外する必要がある。 高熱、重症感染症心筋梗塞脳卒中、重症外傷、大手術など、カテコールアミンなどのグルココルチコイドの分泌を促すようなストレス要因がある場合もある。 その結果、血糖値が上昇することがあります。 しかし、血糖値の上昇は通常一過性で、ストレスが解消されると完全に正常値に戻ることもあり、これは「ストレス性高血糖」と呼ばれ、本当の糖尿病ではありません。

糖尿病のタイプ分けも重要

糖尿病は「異質な疾患」であり、1型、2型など多くの臨床型があります。 糖尿病は種類によって原因、病態、治療法、予後が異なります。

したがって、医師が糖尿病と診断したら、正確な治療と将来の予後を予測するために、糖尿病患者の側面もタイプ分けする必要があるのです。

糖尿病のタイプを無視して、非定型の「1.5型糖尿病」を「2型糖尿病」として治療すると、発病が遅れたり、深刻な事態を招いたりすることもあるのだそうです。

注目の記事:

糖尿病の原因をご存知ですか?

食事に気をつけることは、糖尿病を予防する上でとても重要なポイントです

糖尿病の真実 砂糖を食べなければ、なぜ糖尿病になるのか?