江蘇省の結婚式の習慣

 

まず、仲人の言葉ですが、恋愛の自由もあります。

現在では、仲人の言葉はほとんど省略されている。 親の命令の厳しさもずいぶん軽減されましたが、高齢者の建設的なアドバイスはまだ選択的に吸収餐椅しなければならず、子供を傷つける親はいないでしょう。 年寄りの経験、教訓は人生の財産であり、必ずしも全てが正しいとは言えないが、圧倒的に有効である。 恋愛の自由は、今や結婚前のメインテーマ。 若い男女が、いい気持ちを共有する。 あるいは、お互いの魅力や感情による仕事や勉強の中で、これはごく自然なことです。 当然ながら、インターネットは多くの人を集めるプラットフォームです。 やはり、インターネットには問題がありますね。

2つ目は、ミーティングプレゼント。

一般的に両者の関係が決まると、義母と義父は数千円から数万円程度の会費を贈ることになる。 おじさん、おばさんも、少しはボロが出ます。

第三に、嫁入り道具のことを田舎では「チュアンチー」と呼んでいる。

結婚の話が出る前に、通常「贈与を渡す」、つまり贈与金の一部、あるいはパソコン、テレビ、車など何らかの物を女性の家に送る必要があるが、もちろんこれらはお金のように便利なものではない。 結婚式の時に、そのお金を取り返すのです。 これも封建的な風習を引き継いでいるんですね。 1wからNwの範囲のお金の贈り物のために、直接駆け落ちの高い、誇りに思って、ポイントを費やしていないもあります。

4つ目は、生年月日と8文字です。

旧家では、周易八卦を理解する人を見つけて、干支の祭りを計算するのが常である。 華厳狗」「華厳武」と言いますが、とにかくそういう名前なんです。 結婚は「上方婚、上方中位婚、下方中位婚、下方下方婚......」というように分けられる。 いい日を選んで、結婚する。 旧暦の5月1日、11日、3-6-9日など、祝日を選ぶといいと思います。"旧暦の24日はタブー "と聞いたことがあります。 当然、「丁は丁、旦は旦、どの日が参拝に良いのか」!?

五、結婚式の完成

結婚式の完了前に準備:一般的に田舎は、結婚した娘は、ランプを準備するために、結婚式は、夜明けまで少し、長寿命のランプに、一緒に100年を意味證婚套餐します。 針仕事のバスケットを準備するために、おそらく古代の女性から女性の赤いバーで良いように、今は省略されます。 男性の家庭では、キルトを縫う手伝いをしてくれる人を見つけるのが普通です。 1枚のキルトの四隅には、ナツメヤシ、栗、ピーナッツなどの吉祥果実が敷き詰められています。 これは「早生まれ」という意味です。

女性が持ち歩く箱は、結婚式の初日に開けられ、友人や親族が来て「箱を足す」「箱を埋める」ことができるようになっています。 箱の中には通常、一握りの箸、小袋の糠、小玉ねぎ2個が入っており、「早く賢い健康な息子に」という意味が込められています。 小玉ねぎは、たまに夫婦げんかをしたときに「賢いふりをする」、「寛容になる」という意味が込められているのだと思います。 箱はセダン前にしか施錠できないので、当日施錠すると義理までしか開けられないと聞きました。

女性が輿に乗る前に、一人の子供を持つ義理の姉が、油に浸した赤い紙縒りに火をつけて車の前で照らし、「その日が栄えるように」とお願いされるの中式婚宴です。 今は子どもたちが少ないので、シスターのために「駕籠に火をつける」のは特権です。 昔はまだ「泣き駕籠」といって、女性が駕籠の上で泣くことがあったが、今はその必要がなくなった。泣くと美しい化粧が醜くなるので、泣かないようにするのだ。

結婚式の初日には、男の家族が義姉にベッドメイキングをしてもらい、ベッドの下にゴマやヨモギを配るのが一般的で、これは「初めて愛し合い、人生が熱く豊かになる」という意味が込められているそうです。 普通、ベッドの歌もある。歌詞はこうだ。"小さな盃がベッドの脚に引っかかって、一年の小さな曲がった口、小さな盃がベッドの縁に引っかかって、一年の小さな曲がった卵 "とある。 "大きな赤いベッド、幸せ、花嫁、羊のように!" "子供は二人一組、娘は二人一組、一代で仲良し夫婦"、子供の頃に聞いたことがありますが、とてもリズミカルで同じキーでしたね。 他にもたくさんあったと思うのですが、ママは言葉を思い出せません。

関連記事:

ブラインドではなく、この10のポイントを行うには、バスルームの外にインストールすることができます

湖北省の結婚式の習慣

浙江省の結婚式の習慣