なぜ、アメリカではトイレのリングに隙間があるのですか?

中国人はしゃがんで使うトイレに慣れていて、ウォシュレットに入るくらいなら、しゃがんで並んで待つという状況がよくあります。 しかし、ビデが私たちの生活に入り込んでいることは否定できません。

人口の多い家庭では、トイレはしゃがんでするものと座ってするものと2つあるのが普通です。 しかし、アメリカの腰掛け便器を比べてみると、国内の便器はアメリカの便器とは少し違うように見えることに驚かされます。

アメリカのトイレや便座は、前に隙間ができます。 このギャップは何のためにあるのでAmerican Standard 座廁しょうか? 男性の利便性を追求したのか、女性の利便性を追求したのか。

"トイレ "の名前の由来

まず、中国ではトイレを「便所」と呼ぶ理由から説明しましょう。 農業経済圏である中国では、何千年も前から、堆肥を農業に、あるいは主に豚の餌として利用し、発展させる方法を知っていたのである。 古代の人々は豚を「イノシシ」と呼んでいたが、これは「クソ」と同じ音である。

賢い古代人は二重豚舎を発明し、トイレを上階に置き、階段で出入りできるようにした。 トイレに行くとき、便は自動的に下のペンに落ちます。

古代のトイレは、現代のトイレとは見た目も違えば、名前も違う。 当時は「虎」と呼ばれていた。

古来、ユニコーンとトラはともに幸運のシンボルでした。 しかし、陳芬の『元窓私記』には、American Standard 座廁虎が口を開けてしゃがみ込み、一角獣となって排尿する話が載っている。

そこで、将軍や皇帝の中には、「虎の子」と呼ばれる虎の形をした溺死船(夜鍋)を作って、自分の社会的地位や立派さをアピールする人もいたのです。

ラドン・タイガー

"春秋戦国時代 "に初めて虎が作られ、"前漢の李広将軍 "も虎を殺して作ったという言い伝えがある。

唐の時代、唐の高祖の祖父が李鵠と呼ばれたように、タブーから溺死船は「虎」ではなく「馬」、後に「便器」と呼ばれるようになった。

現在、中国のトイレはしゃがむのが主流で、外国のトイレは座るのが主流です。 外国製トイレに関しては、その開発に浮き沈みがある。

水洗トイレが導入される前は、糞尿にまみれていたヨーロッパ

ワードローブの萌芽は、古代ギリシャ・ローマのミノア時代にはすでに生まれていた。当時、宮中のトイレは排水溝の上に作られていて、主人がトイレに行くと、使用人が排水溝に水を流して糞便を流していた。

古代ローマでは、十数席の公衆トイレがあり、仕切りはなく、人々はそこで自由に交流していた。

穴の下には水が流れる溝があり、比較的整備された下水道網が排泄物を洗い流していたのだろう。 しかし、ローマ帝国の崩壊後、その素晴らしいトイレの伝統は受け継がれることなく、継承されることもなかった。

さらに、ヨーロッパの公衆衛生は暗黒の時代に突入してしまった。 中世初期、ヨーロッパ諸国では比較的American Standard 座廁小規模な街づくりが行われ、人々は路上で排泄する習慣を持って生活していた。

では、中国の家庭にたまりかねない糞便は、どのように処理されていたのでしょうか。 川に捨てる人もいれば、窓から直接流してやる学生もいた。 中世ヨーロッパでは、歩行者の安全を確保するために、空から糞が降ってこないように目や耳をつけることが必要だったのです。

フランスはこの問題を解決するために、窓から泥を捨てることを禁止する命令を出したが、糞便をどうするかという問題は解決されず、この命令はすぐに無視されることになった。

ある者は「小便に気をつけろ」、ある者は「神のご加護を」と叫び、窓から糞を流す前に歩行者に注意する習慣ができた。

英国紳士の頭にかぶったつばの広い長いボーラーハットは、雨風をしのぐだけでなく、糞尿も防いでくれる。 当時のイギリス社会は左傾化していたため、紳士であるイギリス人も「スカイフォール」に襲われることを想定して、通りすがりの中国人女性の左側に立つ習慣ができたのである。

ハイヒールの発明も糞尿と関係がある。街にはゴミや糞が散乱しており、汚れた服の上を歩かないためにハイヒールが発明されたのである。

16世紀になると、都市に住む人が増え、都市の衛生状態はどんどん悪くなっていった。 また、不潔な環境は、人々の健康を脅かすものでもありました。 16世紀から17世紀にかけて、ヨーロッパで第二次黒死病が大流行し、ロンドンだけで7万人以上の命が奪われた。

水洗トイレの誕生

1790年代、英国人ジョン・ハリントンが世界初の水洗トイレを発明した。タンク、ポンプバルブ、木製の便座からなり、簡単に水を流すことができる。

しかし、この汲み取り式トイレの開発には、明らかにデメリットがありました。 一方、トイレは、排泄物を流すために下水道管と接続して設置しなければならないが、一方で、排泄物を流す一方で、下水道からの悪臭が家に逆流して悪臭を放つという重要な問題があった。

ハリントンはこのトイレをエリザベス女王の宮廷に設置したが、臭いの問題で普及しなかった。

1775年、スコットランドの時計職人E・カミングスとアレキサンダー・ガズィが、水洗トイレの下のパイプに「S字型」の特許を取得した。

S字型のパイプは、ファウルダウンパイプをふさぎながら排泄物を流し、トイレ内の水位を一定に保つことで、ファウルバックフローの問題を解決しました。

18世紀後半、イギリスは発明家ジョセフ・ブレイムになり、水洗トイレのバルブ事業は、下水道管をU字型にすることで最適化し、臭気対策の逆流を防ぐことも管理されていた。

水洗トイレは長い間、木製の構造で水漏れがしやすく、雑菌が繁殖しやすいというデメリットがありました。 イギリス人のトーマス・テルフォードは、水洗トイレに木材ではなくセラミックを使用したパイオニア的存在である。

1851年、ジョージ・ジェニングスはハイドパークで開催されたロンドン初の万国博覧会に、世界初の水洗トイレの試作品と水洗トイレの公衆便所を出展した。

ジェニングスは、トイレの水をよりきれいに流すために、水圧を高めたサイフォン式のダウンフラッシュ型トイレを設計しました。

水洗トイレの整備と普及は、都市の下水道整備を促し、下水道整備は、この国の水洗トイレの普及を促したのである。

アメリカでは、なぜトイレの前に隙間があるのですか?

意外と、トイレや便所にはそういう歴史があることを、私たちは当たり前のように思っています。 では、なぜアメリカ人はトイレや便座を閉じたガチョウの卵ではなく、開いた「U字型」にデザインするのでしょうか?

よく見ると、「公衆トイレの開放型(U字型)トイレ」という言葉は、実はアメリカの衛生配管法に書かれていることがわかった。 このデザインの目的もシンプルで、肥満の人がお尻を拭きやすくするためです。

ニューイングランド・ジャーナル・オブ・ソーシャル・メディシン(N Engl J Med)が発表した肥満に関するグローバルレポートによると、2015年時点で、世界で22億人が体重過多/肥満であり、健康な成人の中で最も肥満の学生が多いのは米国で、7900万人となっています。

ファストフードの人気と油と塩分の多い食事が、アメリカ人を肥満体質にしている。U字型のトイレは丈夫で重量を支え、太った人が座っても壊れない。

重度の肥満の方にとって、立ち上がるのは負担が大きいので、U字型トイレは座ったままお尻を拭くことができます。 また、オープンタイプなので、太った人がトイレの外に出られなくなることもありません。

このことから、アメリカのトイレの開口部は、主に太った人が使いやすいように設計されていることがわかる。 そして、そのデザインは古代ローマのトイレの落とし穴から拝借したものかもしれません。

なお、世界肥満度調査で肥満の子どもが最も多いのは中国で1500万人、次いでインドで1400万人となっているが、これは両国の人口規模が大きいことも関係している。

我が国が米国のU字型トイレに追随せず、中国のトイレ習慣に追随しているのは、そのためである。 多くの中国人は、より衛生的で便利とされるしゃがみ込み式トイレに慣れています。 人は必要がなければ座るタイプのトイレを選ばないので、公衆トイレに特別にU字型トイレを設置する必要はない。

関連記事:

スマートアズトイレの発展的な特徴とは?

中国スマートトイレ産業の市場調査および競争環境 2020年

トイレの革命「スマートトイレ」の開発