血圧計の使用上の注意点

血圧は、体内を循環している動脈血の略称です。 血圧の原理は、血液が血管の中を流れるときに血管の壁にかかる圧力である。 血管を流れる血液を推進する原動力となる。 血圧計は、体中の血管の圧力を測定する機器です。 血圧計には聴診式血圧計とオシロメトリック式血圧計があbeurer blood pressure monitor り、聴診式は手動式、自動式に分けられる。

血圧計の使用方法

血圧計の分類

血圧制御のレベルを測定する中国の家庭で一般に使用することができれば 1 つは、私達の国電子血圧計で、電子血圧計に手首のタイプ電子血圧計、腕のタイプ電子血圧計、腕時計のタイプ電子血圧計があります。

第一の方法は、血圧の振幅と脈拍数をデジタル表示するもので、測定は手首にベルトを巻いているときだけ数字を表示するシンプルなものです。通常、2~3回の測定で最小値を取ることができます。

第三に、従来の水銀血圧計と同様に、軸帯を関節に巻きつけて測定値を観察する使用方法なので、高齢者や不整脈のある患者さんに適していることです。しかし、最初の方法と比べると、利便性が低いという欠点があります。

3つ目は最新の血圧計で、腕時計のように腕に直接つけて持ち運べる手軽さや、音声機能で高齢者の見えにくさに対応するなど、多くのメリットを備えています。

1.水銀血圧計の使用は、専門的な訓練を受けた者でなければならない。 時に不正確な測定結果は、患者さんの不適切な使用によって引き起こされることが多いのです。

2.血圧計の軸ベルトは、血圧計の軸ベルトが正しく着用されていない場合、測定研究の結果の分析は、しばしば間違っているので、患者のために合理的に学生自身の軸ベルトに適した構成する必要があります正しく着用する必要があります。

相關文章:

血圧計は正確ですか?簡単にわかることは3つあります。

正確で便利な家庭用血圧計はどんなもの?

血圧計、一番わかりやすい購入ガイド!?